査定ってなに?

4.査定の方法

■中古車の査定

査定する中古車と、定められた標準の車両状態とを比較して、

その中古車がいくらであるかを判定します。

言い替えれば、まちまちな中古車を、一つのモノサシで、

お金としての価値(査定価格)にする手順のことです。

●モノサシである標準状態とは、次のように設定されています。

■査定価格の算出方法

査定価格算出の流れを簡単に説明しましょう

■加減点基準

標準状態の車と査定する中古車の状態を比較するためのものです。

●加点・減点の適用

 次のような項目によって、加点されるものと減点されるものがあります。

例えば、

●同じ2年乗った車でも走行キロ数が標準より少ない場合は加点されます。

●ボンネットやドアの外装に凹みが会った場合には、

外装無傷が標準ですから、凹みの大きさによって減点されます。

■査定の流れ

1台1台の中古車を実際に確認しながら査定する事を[個別査定]といい、

査定協会が定めた[加減点基準]と、所定様式の[個別査定表]を用いておこないます。

個別査定書は別名カーチェックシートといい、中古車の状態をチェックして、記録するものです。

■カーチェックシート

記入場所と記入内容
次の内容を記入します。 6.内装シート欄・・・室内の状況
1.欄外・・・車格や駆動方式 7.車両本体欄・・・内外装・機能の状態
2.仕様欄・・・形状やミッションの種類 8.タイヤ・ホイール欄・・・種類やサイズ
3.転記欄・・・検査証の内容などの情報 9.商品価値欄・・・走行キロや書類の有無
4.車両図欄・・・外装の状態 10.装備品欄・・・有無と状態
5.重点項目チェック欄・・・修復歴など 11.価格計算欄・・・加減点集計と査定価格

はじめに | 査定とは? | 査定協会の主要業務 | 個人情報保護に関する基本方針 | 主な刊行物・お申込み | V−CON | JAAI−Net | 走行メーター管理システムについて | 査定業務実施店様へ | よくあるご質問 |リンク集 | サイトマップ | 技能検定合格者発表 | モバイル | ADOBE READER |